川や町をきれいにする心が自然環境を守る
下木原鉄筋工業のページ
木原地域を流れる尻無川を集落住民の協力で清掃、河川環境浄化に役立つEM菌の放流、散布作業に努める奉仕作業状況(H26.5.11 )
      木原公民館 (毎年5月と11月に行われる)
本年度も5月11日にも、木原地域住民の御協力で、清掃作業が実施される!
ホタルが舞う際に、クモの巣に、ひっかかって飛べなくなるので、クモの巣の排除も行う!
H27/5/10 朝8時〜12時まで
”尻無川の自然環境を守る会”        木原公民館
上流 みそめ橋から子供たちと、EM菌発酵液を放流。散布活動をしました。
EM菌は、水や空気の環境浄化に、くらしにも役立ちます。

又、新木原橋から石出橋付近の清掃作業
木原橋から竹山橋付近の清掃作業
竹山橋から園田橋付近の清掃作業が
木原地域住民の草刈作業などで、汗を流してくれて、尻無川沿いがきれいに、なりました。(大うなぎも、鯉もビックリして出現)

河川清掃整備にともなって
川に潜む水生物や野鳥を守る、又うなぎやホタルを観賞することによって、自然環境を守る心を養う目的でもあります。
おねがい

①ホタルは持って帰らないで下さい。
  (一週間ほどの命です。お願いします。)
②懐中電灯などでホタルを照らさないで下さい。
  (自分より強い光を当てられると光るのを止めてしまいます。)
③ 観賞期間中は道路への駐車は極力ご遠慮下さい。
ホタルの乱舞いは、5月上旬~5月下旬頃(15日間位)ホタルを観賞することにより
  自然を大切にする心が養われることと子供会との交流、勤労や奉仕の体験活動を目的として ホタルの発光を見守る会を発足しました。
 御協力と御理解を頂き、住民の声をもとに活動しています
鹿児島県枕崎市栄本町   美初橋から 園田橋近辺です。
                        
  木原ガラッパ会
川魚の捕獲禁止の看板